好きな人に告白したい人に5つの気をつけてほしいこと

好きな人に告白したいなら

好きな人への告白、とても緊張しますよね。勇気を出して告白しても結果かがいいとは限りません。失敗を恐れて怖気づいてしまう人もいるでしょう。しかし、伝えたい思いが確かにあります。

多くの人が告白前に「どういった告白をするか。」を考えると思います。両想いの場合を除いて、その考え方次第で結果に大きく影響することがあります。

告白するときに最低限気を付けなければいけないことを調べてみました。


スポンサードリンク

タイミングをはかる

まず大事なのは告白のタイミングです。相手の状況を考えずに自己中心的に行動してしまうと、失敗してしまいます。こちらにとってはベストでも相手はそれどころではないかもしれません。

特に学生は、試験期間中や部活動の大会直前はそのことに頭がいっぱいで告白どころではないと思います。もし告白するならそのあと、気分が晴れているときにするのがベストでしょう。それでも試験や試合の結果が悪かったりしたらベストではないですね。相手の心理状況をよく理解する必要があります。

とはいえ、タイミングを見計らっていたら、チャンスを逃したなんてこともあります。そして焦ってしまっては本末転倒です。ある程度の思い切りは必要だと思います。

服装や身だしなみを気をつける

タイミング同様見た目の印象も大事です。気合を入れていつもと違う格好をするのはかえって逆効果です。最低限の身だしなみを整えたうえで、普段通りの格好がベストです。

学生なら制服や、お互い運動部なら部活後にタイミングがあるかもしれません。たとえジャージでもひげやつめなどはしっかり整えておきましょう。

場所を考える

次は告白する場所です。タイミングや見た目がパーフェクトでもシチュレーションが最悪だと失敗してしまうかもしれません。

しかし、そう言って雰囲気づくりを凝りすぎて不自然になってしまえばかえって逆効果です。

お墓など極端な雰囲気を除いて「自然で静かな雰囲気で二人きりになれる場所」なら前述の二つに気を付ければ大丈夫でしょう。

ここで学校の告白場所ベスト8を調べてみました。

第1位 「放課後の教室」・・・定番ですね。

第2位 「屋上」・・・夕日と合わせてどうぞ。僕の学校は勝手に入れませんでした。

第3位 「部室」・・・男女で別れてないなら、いいかもです。

第4位 「非常階段」・・・確かに人は来ないですね。

第5位 「体育館の裏」・・・こちらも定番ですね。

第6位 「校門」・・・出待ちの登竜門です。

第7位 「図書室」・・・静かですが、死角に人がいるかもです。

第8位 「グランドのベンチ」・・・どこですか。笑

 

スポンサードリンク



 

言葉の伝え方は?

告白前に一番悩むことだと思います。特にコミュニケーションが苦手な人は、ストレートに「好きです。」となかなか言えないと思います。しかし、セリフ凝って遠回しになってしまっては、相手にうまく伝わりません。自然にストレートに、それが一番だと思います。

平常心を意識して

好きな人の前だとどうしても上がってしまい、変なテンションになってしまうことがあると思います。それでは上記の「自然にストレート」ができませんね。それどころか、今までの準備が無駄になってしまいます。

好きな人に告白したい人は準備をしよう

5つのことを挙げましたが、つまりは「自然」が一番だということですね。

しっかりと準備をして自然に伝えることが成功の秘訣だと思います。