好きな人が出来ない男性に女性が抱く本音7つ

「彼女が欲しい、だけど、好きな人ができない!」という男性は多いようです。恋愛砂漠とよく言いますが、男性にとって「彼女できない」は砂漠でオアシスが見つからないのと同じ状況らしいですよ。

今回はそんな恋愛砂漠に迷い込んでいる男性に世の女性が抱く本音を調べてみました。

ちなみに、女性の「彼氏できない」は自販機の前でどれにしようか悩んでいる状態だそうです。笑


スポンサードリンク

「理想が高すぎて、身近ないいヒトが眼中に入ってないんじゃない?」

543dcd4f70cb60f1d7db26a0c4d49e56_s

言わずもがな、男性と女性では明らかに男性のほうが人数は多いです。男子校など特別な場合を除いて、身近に女性はいるはずです。その中で、男性が彼女にしたい女性に求める理想はとても高いようです。

「脳内で作られた理想の彼女像に縛られて、現実が見えていない」と思っている女性が多いようです。

これは女性に対しても言えることだと思います。彼氏や彼女は、長くも短くもこれからの人生におけるパートナーです。当然理想が高くなってしまうものだと思います。

しかし、現実というのは時に残酷です。限られた時間、広い世界の中で理想のパートナーに巡り合える可能性は非常に低いです。

生きている間に出会えるのはおよそ3万人、その中で仲良くなれるのは300人くらいだそうです。1秒1人にあったとしても、すべての人に会うのは200年以上かかるそうです。

一期一会、出会いとは奇跡なのです。

もう一度身近な女性に目を向けてみてください。今は見えていないだけで、ちゃんと見ようとすれば、きっと素敵な人がいるはずです。

「自分に中身がないから、他人の内面的な良さに気が付けないんじゃない?」

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

一目惚れがあるように、外見で判断する男性は多いですね。

「ルックスだけで判断する男性はお断り」という意見が多いようです。

確かにルックスに目が行くのは仕方がないことだと思います。しかし、重要なのはそのあとに、ちゃんと内面を見られるかどうかだと思います。

恋愛関係において相手の長所と短所を理解することは重要です。基本と心得て接していくべきでしょう。

「自分の趣味にばかり時間とお金を費やしてるからじゃない?」

自分の好きなことに時間とエネルギーを使うことは、自分の人生を大いに楽しんでいるのでいいことだと思います。

しかし、そればかりになってしまってはただの自己満足ととらえてしまう女性が多いようです。彼女が欲しいと思うならば、自分の殻を破ることも必要なようです。

「正直、身のほど知らずなレベルで面食いだからじゃない?」

先ほどの高すぎる理想やルックス重視に関連する意見ですね。分不相応な面食いは周囲の人から呆れられているかもしれません。女性にも理想はあるのですから、つりあっているかどうか考えないといけないようです。

それでも周りから見たら絶対釣り合わないカップルはいます。そのカップルたちこそ、奇跡の出会いであったり、お互いに相手の内側を見れているのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク



 

「女の子のほうからアプローチしてくる奇跡を待ってるからじゃない?」

6fb987477ae070dd1a47ee773fa08ac0_s

最近話題の草食系男子のように「待ち」の男性に対する意見です。先ほど現実は残酷だと言いましたが、アニメや漫画の世界のような奇跡はないという意見が多いようですね。

実際に付き合っているカップルでも女性が待っているという構図がとても多く感じます。

逆ナンのように女性から行動を起こすのは異例ととらえられ、男性から一歩を踏み出すのが常識のようです。

確かにそのほうが男性としてかっこいいと思います。

「貴方のことを好きになる女性がいないからじゃない?」

なんとも辛口な意見ですね。

しかし、そう思われている以上は何かしら自身を改善する必要があるでしょう。自分を好きになってくれる女性を探すのも1つですが、それこそ奇跡の類ですね。求めるならば行動すべしです。

「髪はボサボサで、服は適当。女性に好かれる気がないんじゃない?」

面食いはダメだと言う意見がありましたが、相手のルックスに何かしら求める以上、最低限の身だしなみは必要ですね。

社会のルールとして気配りをしましょう。

最後に

ここまで女性の本音を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。あくまで個人の意見であり、世のすべての女性がこのように思っている訳ではありません。

冒頭で述べたように、男性と女性の価値観にも大きな違いがあります。

その中で「彼女が欲しい」と思うなら「好きな人ができないと」思うことから改めてみてはどうでしょうか。好きなタイプや求める理想は人それぞれです。

しかし、結局のところ「好きになった人」が好きなタイプであり理想の女性だと思います。

彼女、友人に限らず「この人の信頼だけは失いたくない」という人が、あなたにとって大切な人なのです。

もう一度自身の周りを見つめなおしてください。そうすればきっと見えるはずです。あなたにとって本当に大切な人が、いるはずです。