好きな人に電話したい

と思ったことはありますか。

 

直接話したくても会えない、

恥ずかしいから電話という手段がありますね。

 

しかし、いざ電話しようとしたとき、

うまい口実がなかったり、

勇気がなくてできなかったり

ということがありますよね。

 

今回は、好きな人に電話する時に

どのような事に気を付ければよいのか

調べてみました。

 

男性用心理テスト

女性用心理テスト


スポンサードリンク

好きな人へ電話する

好きな人に電話するときの理由と口実

まず、電話をかけるタイミングですが、

相手の都合もありますので

いきなりかけることは控えましょう。

 

ベストはメール中です。

メールやLINEでの会話の中に

「電話してもいい?」などを

添えればいいと思います。

fce63f6e10a8e1c809c9d052307b25de_s

さて、タイミングを確認したところで、

大事なのは理由です。

 

知り合って間もなくや、

そうでなくても「声が聞きたい」などは

なかなか言えないものです。

恥ずかしいですからね。

 

メールやLINEの延長線と考えて、

自然な流れを作りましょう。

大きく分けて次の3つのパターンがあります。

 

1つ目は業務連絡です。

大事な事なのでと一言添えれば

不自然なことは何もありませんね。

 

「声が聞きたい」という本心を隠すことができ、

自然な流れで世間話などにつなげることができます。

 

2つ目は「聞きたいことがある」

と電話します。

 

特に業務連絡の必要がない時や

学生にはこのパターンでしょうか。

 

ちょっとした事でも「質問」なら

場がかしこまる必要もなく話せると思います。

 

3つ目は相手の興味のあることや

得意なことについて聞いてみることです。

 

上記の二つに関する話題がないなら、

自分は興味がなくても、

相手の興味があることについて聞いてみましょう。

 

そうすれば相手のほうから

話してくれるので会話も弾むはずです。

 

以上のことは

メールができない状況であることを

伝えればより自然に電話できます。

 

また、1度きりで終わる内容ではなく、

継続できる内容を考えましょう。

 

1回1回の用が済んだら

無駄に長引かせないほうが、

かえって長続きするものです。

 

スポンサードリンク

 

好きな人に電話で嫌われる行動とは?

いざ電話をかけても

そこで嫌われてしまっては

元も子もありません。

 

特に男性は「つい」してしまう

行動で女性に嫌われることが多いようです。

 

そんな「つい」してしまうNG行動を

まとめてみました。

 

片思いの場合、

相手のこと知りたいあまり

ついこまごま行動を聞いてしまうようです。

 

相手の女性からしたら

「好き」アピール全開で

細かく行動を聞かれても

いい思いはしませんよね。

 

また、「おはよう」や「おやすみ」の

コールも時間を考えてしましょう。

前述でも述べたように

長電話はデメリットしかありません。

 

女性は男性よりも身支度や帰宅後のケアに

時間がかかります。

 

たわいもない話で

その時間を奪うのははやめましょう。

 

通話料もかかりますしね。

 

浅い考えで電話したり、

相手からの相談事に

軽く答えるのは評価を下げるだけです。

 

顔は見えずとも楽しい会話を心がけましょう。

 

男女ともにいえることとして、

自分から電話したのならば、

締めは相手に委ねましょう。

 

女性の場合、

調和ができ控えめな印象を与えることができます。

 

また、雑音が多かったり

他のことをしながらの電話も控えましょう。

 

折角2人の時間なので、

静かに落ち着いて話したいですね。

 

ここは自分と合う人が見つけやすいので

おすすめです!

心理学×統計学
恋愛婚活「with」

 

好きな人に電話する頻度

電話をして楽しく会話を終えてから、

次に気にするのは

電話をかける頻度ではないでしょうか。

 

厳密に正解があるわけではありませんが、

1日に複数回かけたり、

あまり親しくないのならば毎日も控えるべきです。

 

 

前述でも述べた通り

メールやLINEの延長線として、

相手のことを考えた頻度で電話しましょう。