女性との会話での恋愛のスキル「共感力」これがしっかりある男性はモテる傾向があります。

共感すること

女性とのコミュニケーションで一番重要なのが、「共感」すること。


スポンサードリンク

女性との会話で「そうだよねー」「自分もそう思う」などの相槌をしっかりすることで女性へのアピールとなるし親近感もわきます。

女性同士はお互いに共感することでコミュニケーションをとり絆を確かめて仲良くなっていきます。

”たとえば、女性が「満員電車で大変だった」という話が出たとします。

いつもの調子であれば、男性は単純に、事実や解決策を言おうとします。

「その時間に混み合うのは当たり前だよ。そういうときは乗る時間を少しずらせば、人込みが減るよ。別の路線を使う方法もあるね」

男性は、会話で解決や情報などを、簡潔に述べて終了です。” HappyLifeStyle

070417_124448_ed

これでは女性は「あ、そう」としらけてしまいます。

女性はこのような返事を期待していません。

特に正しい意見で相手は間違ってるような言い方をしてはいけません。

女性を悪者にしないようにしてください。

女性が期待しているのは「共感」なのです。

ではどのように言えばいいのでしょうか?

共感にはこのようなものがあります。

101881

スポンサードリンク




「それ私もすごく好き!」(相手の好みに対して共感)

「私もそう思うなー」(相手の考え方に共感)

「それはつらいよねえ、大変だったねー」(相手の感情に共感)”

AGLIAおんなのこのキモチ

何に共感するかによっても言い方は変わりますが特に有効なのが 相手の感情に共感することです。

相手の気持ちを考えてそれをなぞるように共感してあげると女性も嬉しくなることでしょう。

先ほどの「満員電車」の例でいくと「それはつらかったね。たいへんだったね」と返してあげましょう。

女性も「そうなの。ホントにたいへんだったの」と答えてくれるでしょう。

共感を集めよう

また逆に女性からの「共感」をたくさん受けるようであれば脈ありととることもできます。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-YUKA863_ok15185909-thumb-1000xauto-18589

  女性のコミュニケーションの一つはこの「共感」なので嫌いな男性だとか苦手な男性には、そういう相槌はしません。

「そっか」「うん」などの冷めたそっけない返事だったりしたら、少しだけ距離をおいたほうがいいかもしれないです。

ですので共感の多い女性が近くにいればそれは好意の証ということになります。

女性は会話の中で共感したがっているので男性によってはニッチな話をするときは女性を遠ざけてることがあります。

マニアックな話をするときに「それは何?」と聞いてくる女性が居たら自分の興味のあることや趣味を優しく丁寧に教えてあげると関係を優位に持っていけるかもしれませんよ。

ですので重要な恋愛のスキル「共感力」を高めていけるといいですね。