こんな行動は嫌われる!女性に避けられる4つのパターン

女性に避けられる、、あなたはこんな経験ありませんか?

良かれと思って行動したはずなのに、じつは女性に嫌われることばかりしていた、、

合コンでいい感じだったのに翌日メールしても返事がこない、、

こんなことはありませんか?自分も前はありました。知っていると何てことはないのですが知らないと何度も同じことをしてしまう。

今日は女性に避けられる4つのパターンをみてみましょう。


スポンサードリンク

自分にだけ特別扱いする男

3981484909_260a1f184c

「女性は特別感が好き」こういうことはあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、これは誰に対してもいつもそうだというわけじゃなく、やる時と場所を間違えると好意を持たれるどころか逆に評価が悪くなってしまいます。

これを理解していないと、

合コンなどの初対面で女性の一人に特別な好意でその女性ばかりやさしくすると身勝手な男という印象を持たれてしまいます。

ここでは2つのマイナスポイントがあります。

1つ目は女性の気持ちがまだこちらに向いていないのに特別な好意を示してもマイナスなだけということ。

まずは警戒心を解き親近感を高めることが大切です。

2つ目は合コンなどの席では女性は女性同士のつながりも大切にします。

そのため初対面の多数いるせきでは皆にやさしくすることです。

例えばあまり会話に入れてない女性に話を向けてあげたり、ドリンクのオーダーを勧めてみたり、周囲に気遣いが出来る印象のほうが良いです。

背伸びして自分を大きくみせる男

2459923143_9c4606d051

等身大以上の自分を見せようとするとそこにはどうしても無理が生じます。

そして女性はコミュニケーションをとる上で男性の数倍敏感なのですぐに足元を察知して女性に避けられるかもしれません。

必要なのは背伸びするようなかっこよさよりも「強さ」です。

ではどのような強さが好印象でしょうか?

それは自分なかで長所とも短所とも向き合って受け入れることができる強さです。

「自信のない部分も含めて自分が好きだ」といえる人は恋愛でも恋愛でなくても魅力的だと思いませんか?

もしあなたが自分の自信がないところがきらいなら、考えを変えてみましょう。

自信のない所なんて誰でもあります。なのでそこから目を背けるより欠点も含めて自分を受け入れてる人のほうが女性から見ると明らかに好印象なのです。

スポンサードリンク

マメな男

VER88_sumafonayamu15150207-thumb-1000xauto-17302

「女性マメな男が好き」これもよく言われてますよね。ですのでこれも意外に感じられるかもしれません。

「女性は押しに弱い」という言葉を真に受けて出会って間もない段階で、ガツガツメールしたり、電話をしたりすると、かなりの確率で女性に避けられます。

これも2つ理由があります。

1つ目は先程と似た理由です。なぜかと言うと親近感がまだない状態、ようするにまだ警戒されているから女性に避けられるということです。

あなた自身もよくしらない他人から毎日のように電話やメールが来たらなんとなく不気味に思いませんか?

それは男女間でも同じ、むしろ男女間のほうが強いです。

まずは警戒心を崩して親近感を沸かせるようにフォーカスしていくといいでしょう。

2つ目は女性は自分よりパワーバランスが下と思った人は好きになりにくいです。

あなたからメールを何度もしてしまうことで、主導権か女性に移ってしまい興味を持たれずらくなってしまいます。

ですのでメールの連絡は必要最低限で十分です。

あなたの気持ちは女性に会った時に「好意を匂わせる」程度にしましょう。

彼女が欲しくて欲しくてたまらない男

VER88_kazegahuku15151434-thumb-1000xauto-17299

女性が男性をみて「彼女が欲しくてたまらない男」と「女は別に興味ないという男」どちらに好意を寄せやすいかというとズバリ後者になります。

「彼女が欲しい」という響きは、「女性なら誰でもいい」と受け取られがちであり、さらに自分はモテないとワザワザ宣伝してるようなものです。

また人は何か下心があって近づいてくる人間を本能的に警戒します。

彼女を作りたいがための一人にされるというのはよほどの好意がない限り、女性は警戒するわけです。

そのため、女性の親近感や好意がある程度高まるまでは他に好きな女性がいるという設定にしておくのもアリです。

「彼女が欲しい」でなく「一人の女性を好きである」というごく普通の男性に映ります。

他に好きな女性がいることでターゲットの女性の警戒心もだいぶ低くなりますよ。

以上の4パターンでした一般的に言われていることでも使い方によっては女性に避けられるということをわかってもらえたと思います。