女性が男性に求めるもの

「女性が男性に求めるもの」と「男性が求められてると思っている男性像」は違います。

 男性は強くて頼りがいがあっていつもぐいぐい引っ張っていくようなタイプが女性は好きでそれが求められている理想像だと思っていました。


スポンサードリンク

13848663634_132a2d7c5e_n

 しかし、どうやらそれは違ったようです。

”女性はもっと現実的。「いつも守ってあげるよ」と言ってもらうより、人としての成長を支えてくれたほうが嬉しいのです。”

この「いつも守ってあげるよ」という言葉、女性にいうべき定番の言葉のように思えます。

自分が考える意味としては「君が大変な時はすぐに駆けつけて助けるよ」というようなことだと思いますが現実的には厳しいものがあります。

例えば自分も経験があるのですが子供がいる家庭で子供が体調を崩して病院に連れて行かねばならない時など母親だけでなく父親も一緒にいてあげられると頼れる父親と思ってもらえるでしょう。

しかしこのような状況で色々な仕事を抱える社会人が24時間つねにかけつけることは難しいでしょう。

男女

”男性が「自己犠牲」を主張するより、「一緒によくなろう」と考えてくれるほうが、女性にとってずっと受け入れやすいのです。”

”「一緒に成長しよう」「話し合って乗り越えていこう」「お互いに得意不得意があるから、協力しよう」というメッセージをもっている男性のほうが、女性だって肩に力が入らずに自分らしさを出せます。”

女性が男性に求める「強さ」「やさしさ」とは?

経済的にも能力的にも自立している女性がたくさんいる現在では「ひ弱な女性」「守る男性」という姿形は確実に少なくなっています。

男性が言う「一生君を守るよ」これも女性を口説く定番の言葉のですが現実的に考える女性たちが聞くと素敵な言葉だとは思うようですが反面「続きそうにないことをいってる」とも思えてしまうようです。

また「男は強く優しく」という言葉は昔からの決まり文句ですが現代では意味が違います。

「欠点も含めて自分自身と向き合い受け入れようとしているいることでこそ女性とも等身大で向き合える」ということが大事だと思います。

”「やさしさ」は女性にわがままを許し、機嫌良くしてもらうためにお世辞を言うことではありません。「相手の成長を支援するために何ができるか」と考えるのがやさしさです。”

自分も「お互いに協力して頑張っていこうよ」といえるほうが未来に向かってるがんじがしていいと思いましたよ。