本当に好きな人とはどんな人なのでしょうか。

好きなのかどうか、あいまいな気持ちで付き合って、結果違ったということがありますよね。

そんな時に後悔しないように、自分の気持ちを知らなければなりません。

今回は自分がほんとに相手を好きかどうか判断する方法を調べてみました。


スポンサードリンク

本当に好きな人とはどんな人?

本当に好きな人ができたら目で追ったりするなど、態度が変わる

男女ともに、好きな人の前では行動や態度が他の人の時と違ってきます。意識することで自然と表に出てしまうのです。

その中で最もわかりやすいのは目の動きではないでしょうか。視界の中に好きな人が入っていると自然と目で追ってしまいます。今日の服はどんなものか、髪型はどうかなど無意識にいろいろ観察してしまいます。僕は恥ずかしさからかすぐに目をそらしてしまうんですけどね。笑

人は好きな人の目を見ると瞳孔が大きく開き、黒目部分が拡大するという法則があるそうです。とはいえ、それを見ただけで判断するのは難しいですね。よほど視力がよくないとわからないでしょう。

しかし、瞳孔が開いている人には目が潤んで輝いている印象を受けるようです。カップル同士の目は輝いていることでしょう。

僕のように目をそらしてばかりいては、相手のちょっとした変化に気づけません。特に女性は些細な変化に気づいてもらえたら嬉しいようです。相手に嫌悪感を与えない範囲で観察してみましょう。きっと新たな魅力に気づけるはずです。

本当に好きな人とは夢で恋愛関係になっている人

117989

夢であの人とデートした、いい雰囲気だったという経験はありませんか。

人は自分で考えている以上に好きな人のことを考えています。起きているうちにも無意識に夢のようなシチュレーションを妄想したりしています。

特に夢に出てくるなんて、その人のことをかなり意識している証拠ですね。

夢は記憶の整理なんて聞きますが、そうだとするとその人のことが一番記憶に残っているということになります。起きても夢の内容を覚えているのは整理しきれないくらい無痛ということでしょうか。笑

本当に好きな人かどうか確認するには相手のダメなところを見た時の感情がポイント

好きな人観察しているとドジな部分や欠点が見えてしまうことがあります。そんな時、あなたは何だか嬉しくなったり、笑って許せていませんか。だとしたらそれは本物の恋です。

もし、好きという気持ちが偽物なら、ちょっとしたマイナス面を見るだけで気持ちが冷めてしまうものです。特に男は勘違いしやすい生き物ですから、そういうことが多いんですよね。周りの友人にも熱しやすく冷めやすい人がいます。

男が勘違いするのは、よく目があったり、笑顔であいさつされたり、横に座られたりした時です。女性のほうは普通に友人として接しているつもりでも、男子校だったりして恋愛経験の少ない男からしたら新鮮ですね。

ボディタッチが多かったり間接キスや自分の食べているものを一口くれたりなんかは要注意ですね。

思い当たる節がある人は多いのではないでしょうか。そんな時こそ一度冷静になりましょう。

本当にその人のことが好きならば、その人のどんな面も愛おしく思えてきます。周りの人がその人のことを批判しているとき、その意見に少しでも異議があるならあるのならその気持ちは本物です。

もし自分の気持ちを確かめたいなら、欠点とまではいかないまでも、ちょっと抜けているなという部分を探してみて、気持ちがどう変化するか確かめてみましょう。

 

スポンサードリンク



 

本当に好きな人にはメールやLINEにすぐに返事してしまう

忙しくてLINEやメールの返信ができないことありますよね。LINEなんかは片手間に使える便利なものですが、それでも忙しくて手が離せなかったり、家でぼーっとしていて面倒だから後回しにしてしまうことがあります。

しかし、好きな人には早めに返信しようとするものです。ほかの人より明らかに早く返信していたり、自分の作業を途中で止めてまで返信したりしていると、かなりその人のこと大切に思っています。優先順位が自分のことより上位ですからね。

相手からの返信が気になって頻繁に確認してしまう人は本当に好きな人

上記ではすぐに返信すると述べましたが、逆に相手からの返信が気になって仕方がないということがありませんか。

高校時代常に携帯を近くに置いていた記憶があります。宿題に集中なんてできませんでした。返信が遅いと忙しいのだと思いながらも早く来ないかなと思っていました。

こちらが返信遅れたら無駄に謝ったり、相手からしたらうっとおしかったでしょうね。反省しています。

また、LINEでは既読がついていないかなどちょくちょく確認してしまいますね。メールと違い相手が読んでいるかいないかがわかってしまうので余計に気になってしまいます。既読無視をされたらがっかりしてしまいますね。

特に意識してなかったり、無関心な相手に行動にはそこまで神経質になりません。相手のそのような行動にいちいち反応して一喜一憂するのは、心から好きだと思っている証拠です。

本当に好きな人だと不特定多数の友人に「〇〇さん好きなんだ」といえない

57384989

友人同士で「誰が好き?」「私は~」などの会話がありますよね。そのとき、そこに本人がいるわけでもないのになかなか言い出せないということがありませんか。

それはその人のことを本当に好きな証です。

例え友人同士でも気軽に好きと打ち明けられないのは、その好きな相手を思う気持ちを大事にしたいかです。ここで言ってしまって、もしその相手の耳に入ってしまっては、なんと中途半端なのでしょうか。それで仮に両想いだったとしても、相手も自分もどこか納得できないともいます。

大切な気持ちだからこそ、親友など以外にはむやみに言わないものです。

逆にごく少数の人に真剣に相談する場合は、その思いは本物の可能性が高いです。

しかし、一度外に出してしまえば情報はいとも簡単に拡散してしまいます。相談する場合にも前述で述べてきたことを参考にしながら、自分の気持ちを整理してみましょう。

普段通りの性格で接することができない人は本当に好きな人

普段は活発なのに好きな人の前では大人しくなったり、普段口下手でほとんど話さない人がその人の前では早口でめちゃくちゃしゃべったりと普段と違う行動や態度をとってしまうことはありませんか。

よくしゃべる人ほど本当は寂しがり屋で、無口に人ほど話したいことがあって、大好きな人ほど困らせて、いとしい人の前だと素直になれず、気持ちと反対の行動をとってしまいます。

それは素の自分を見せることに恥ずかしさがあるからです。

ほんとはありのままでいたいけど、素直になるのは難しいんです。

あの人の前だといつも通りの調子でいられないと思ったら、できるだけ自分でセーブを掛けながら、こんなに変わってしまうのはそれだけあの人のことを意識しているのだと自覚しましょう。

気を付けなければいけないのは、小学生が好きな人に悪戯したがるように、相手に誤解を与えないことです。

自分の気持ちに早く気づいて、相手がその行動にどんな印象を持っているか、どう見られているのか冷静に判断しましょう。

これまでいろいろと述べてきましたが、重要なのは相手のことをどれだけ思っているかです。

返信も観察も相談も行動も態度も、ひとつひとつが信頼につながります。

恋人であろうが友達であろうが

「この人の信頼だけは失いたくない」

と思える人が、あなたにとって最も大切な人なのです。