一人暮らしの初期費用の平均はどれくらい?

一人暮らしを始めようと思うとまず初期費用がいくらくらい必要か気になりますよね。

一人暮らしの初期費用の平均は約50万円から約70万円ほど

一人暮らしを始めるにもいろいろな状況があると思います。


スポンサードリンク

進学や就職で実家暮らしを離れる場合や、社会人になったあとに実家でしばらくたってから準備万端で始める一人暮らしもあると思います。
では一人暮らしの初期費用には平均的にどのような費用がかかるでしょうか?
大まかに分けるとこの三つが必要となるでしょう。

賃貸物件を借りる時にかかる住居費
引越しにかかる費用
生活用品(家具や家電などの費用)

では三つの項目は具体的にどのような費用がかかるのか順番に

見ていきましょう。

6c6ed4178ae4b96e9a8890823edd1ee5_m

住居費の内訳

まずは賃貸物件を借りるために契約をしなければなりません。

そして最もお金がかかる住居費の内訳はこのようになります。

敷金
礼金
仲介手数料
前家賃
保証会社利用料
消毒料
火災保険
鍵の交換費

具体的に

敷金・礼金(それぞれ賃料1~2ヶ月分)

敷金は部屋で何か壊れた時などの修繕費用や家賃を滞納してしまった時の支払いにかかるお金。基本的には大家さんに預けておいて何かあった際に敷金から引かれるというものです。

礼金は大家さんにお礼の気持ちを示すためのお金。
実際には敷金なし礼金なしというところもよく見かけますが

結果的には敷金礼金がなくても他の保証金などの名目で引かれるため全体の費用としてはそんなに変わらないこともよくあります。

敷金礼金それぞれ賃料の1~2ヶ月分が相場となることが多いです。

仲介手数料(賃料1ヶ月分)

物件を契約するお手伝いなどの仲介をしてもらった不動産会社に支払う料金。

相場としては家賃の1ヶ月分となることが多いです。

前家賃(賃料1~2ヶ月分)

実際に部屋で暮らし始める前に、事前に払う賃料。

費用としては賃料の1ヶ月から2ヶ月分だが月半ばなどに入居

する時は「日割りの賃料と翌月の賃料」となります。

保証会社利用料(初回:賃料半月分 更新料:年/1万前後)

賃貸契約をする時に連帯保証人を立てないでいい代わりに保証会社に保険料を払うことで保証してもらう料金です。

不動産会社によっては連帯保証人を立てるより確実に債権が回収できることから保証会社に加入することを義務ずけている場合があります。

消毒料(15000円~30000円)

清掃の料金とは別で部屋の中の消毒や除菌をするための費用。

仲介会社が勝手につけていることが多く、各項目の中で一番削りやすいところ。

消毒は必要ないです。と伝えれば外してもらえると思いますよ。

af789283ce4c0e5c586c5912dc940e4a_s

スポンサードリンク

火災保険料(2年で2万前後)

かりている部屋が火災の被害にあった時に使う保険です。

部屋を賃貸契約する場合火災保険への加入は必須となることが多いです。

加入する場合は不動産会社に紹介してもらってもいいですが自分で探して加入すれば費用を抑えられるでしょう。

加入するプランによっては物件だけでなく家財も保証してもらえるでしょう。

鍵の交換費(5000円~15000円)

以前に住んでいた住人が使っていた鍵を取り替えるのに必要な費用です。

部屋への入居時に支払う場合と退去時に必要な場合があるので

いつ支払うか確認が必要です。

引越し費用

引越しは友達や家族に協力してもらって自分でやる方法が一番安くすみます。
車も家族や友達に出してもらうかレンタカーを借りれば費用を節約できます。

価格comによると単身で引越しをした時の目安です。

タイプ

単身(荷物小)

通常期の料金(5月~2月)

平均38,043円

繁忙期の料金(3月~4月)
平均47,258円
単身(荷物大)

通常期の料金(5月~2月)
平均49,480円

繁忙期の料金(3月~4月)
平均59,224円

引越し代を少しでも節約するにはどうしたらいいでしょうか?

工夫としてはこのようなものがあります。

引越し繁忙期を外す

引越し屋さんが最も忙しくなるのは3月4月です。

年間で最も安くなるのが9月です。

引越しの時期を考えるのも方法の一つです。

土日を外す

週末から日曜にかけて引っ越す人が多いので、土日はどうしても料金が高くなってしまいます。

意外に祝日は安めになるそうです。

時間帯を選ぶ

自分が引越し場合に選ぶ時間帯を考えると朝の早い時間に引越してしまって昼以降はゆっくりと整理整頓などをしたいと思います。

このように考える人が多いので午前中に人気が集中します。
そのため昼以降はお安くなり18時前後、20時前後と遅くなるにつれてさらに安くなりそうです。

見積もりを比較する

引越しをする場合数社の業者を比較したほうがいいです。

引越し業者比較サイトを使うのもいいでしょう。

比較したほうが安くなりますし下調べをしておくと業者につけこまれたりもしません。

生活用品

095431

一人暮らす生活に必要な家具や家電は平均的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

少なめに見積もって

家電は15万円ほど

家具は5万円ほど必要になるでしょう。

詳細はそれぞれ下のリンクにあります。

家電にうるさい僕が選ぶ!一人暮らしの家電にかかる費用はこちら

一人暮らしの家具にかかる費用と僕の選択はこちら

まとめ

夢にまで見た一人暮らし、ここまで見てきてわかるように最初にかかる初期費用だけでもこれだけいろいろと必要になることがわかりました。
しかし、本当に大変なのは実際に生活を始めてからです。
実家暮らしで数万円家に入れるのとは違い最低でも10万以上はかかります。
大きな割合を占めるのが家賃で次に食費です。

自由は手に入りますが責任が伴います。
余裕のある生活を送れるように収入アップを目指して頑張りましょう。