あなたはどれくらい?一人暮らしの費用平均

あなたは一人暮らしの「費用」が一般的にどのくらい使われているかその費用平均が気になりませんか?

実際に生活を始めて一人暮らしすると以外とお金がかかっていることに気がつきます。

節約ポイントと全国平均の費用の内訳を項目別にまとめてみましたので見てみましょう。


スポンサードリンク

一人暮らしのリスト別生活費用の全国平均は?

dl_img02_1

20代から30代の平均月収は約20万円ほどです。そこから税金などのひかれものを引いて手取りで約15万円ほどとします。

それを念頭において「家賃」「光熱費」「食費」「交際費や雑費など」としてそれぞれの一般的支出額をみていきましょう。

一人暮らしで必要な家賃の平均

画像=sumo調べ

部屋の家賃_01

一人暮らしで必要な家賃の全国平均は約6万5千円ほどです。

首都圏の一人暮らしで必要な家賃は7万から8万円ほどです。

首都圏から離れていくほど家賃は安くなっていき地方都市によっては4万円ほどから物件はあるようです。

また男性の家賃より女性の家賃のほうが高いことが多いようです。

その理由はいろいろな危険から身を守るため安全面やセキュリティーを重視して条件の良い割高の物件を選ぶことが多いです。

一人暮らしで必要な食費の平均

16665917576_f82a705ee7

総務省統計局の家計調査によると単身世帯の平均的消費支出である食費は、3万円から4万円ほどかかっています。

そしてその中でも男性の平均は4万3千円ほど女性平均は3万5千円ほどの食費の消費支出につかっているようです。

この金額差8千円ほどは男性のほうが仕事の付き合いなどで外食などに支出額をつかっているためだと思います。

また単身世帯では本当に食費の消費支出を抑えようと思ったら1万5千円から2万円ほどですみます。

意外と皆さん食費にお金をつかっているんですね。

スポンサードリンク




一人暮らしで必要な光熱費の平均

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK88_tenjyounorito-thumb-1000xauto-17726

光熱費の全国平均は1万2千円ほどです。

内訳はこのようになります。

電気料金 3000円〜5000円

ガス料金 4000円〜7000円

水道料金 2000円〜3000円

電気料金はどのくらい家にいるかによっても違いますし、夏場や冬場は特にエアコンを使うことが多くなるので割高になります。

また住んでいる場所によってもエアコンなどの季節家電を使う量に寄って変わってきます。

ガスはプロパンガスより都市ガスのほうがやや安くなっています。 またオール電化であればガス代は全くかかりません。

水道代は自治体によって大きく金額が違います。自分の住んでる自治体でも隣の自治体と比べて大きく金額が違うことがあります。

通信費・携帯電話料金

a0001_017641

全国平均は1万2千円ほどです。

携帯の料金は人によって違いますがおおよその金額でこのくらいだと思います。

交際費

1万円ほどから2万円ほどだと思います。

こちらも人によって金額がつがいますが社会人や男性は特に付き合いで多くなることもあると思います。

逆に女性や学生だと少なくなるでしょう。

日用品や消耗品代

056774

平均3千円ほどです。

洗剤やトイレットペーパー、ゴミ袋、歯磨き粉など諸々の金額です。

みだしなみ・おしゃれ代

全国平均2万円から2万5千円ほどです。

新社会人はスーツ、ベルト、バック、靴などの社会人セットが一式必要になると思います。

女性はこれに化粧品の料金も含まれるため割高になると思います。

まとめ

多くの賃貸サイトでは家賃は「月収の1/3ほどに抑えたほうがいい」とのことですが自分としては「月収1/4ほどに抑える」ほうが入居審査も通りやすいし余裕が生まれるのでいいのではないかと思います。