恋人ができない理由、それは出会いがないから、と思っている人いませんか。出会いがないと思っているだけでは当然そんなものはありませんね。

大切なのは積極的に行動することです。今回は出会いを増やす方法を調べてみました。


スポンサードリンク

 

出会いがないと嘆いている人は行動すること

まず、「出会いがない」と嘆いている人は心からそう思っていない人がほとんどだと思います。本気で出会いたいと思っているのであれば、チャンスはいくらでもあるはずです。

日常生活においてコンビニや電車、学校や会社でも出会いというものはいくらでもあるはずです。「出会いがない」と言っている人は無意識に受け身の姿勢をとっているのだと思います。

自分が受動的であると自覚していないと言い訳が多くなり、自らチャンスを逃してしまいます。たとえ行動して失敗しても、それは経験値として次に活かせます。

でも、具体的にどう行動すればいいのかわからないという人が多いと思います。一番簡単なのが、行動パターンを変えてみることです。

学生のころは毎年新入生が入ってきて、バイトもしていれば出会いは自然とあると思いますが、社会人になってくると壱日の行動パターンがあるていど限定されてしまいます。

狭い行動圏に何か一工夫を加えることで大きく可能性が広がるかもしれません。

092179

始めのうちは難しい出会いと失敗しやすい出会い

行動が大事と言いましたが、初めのうちはどうしたらいいのかわからず悩んでしまうと思います。行動パターンを変えると簡単に言っても、今まで何年も共にしてきたパターンをいきなり変えるのは難しいものですね。

出会いを求めて出会い系サイトを利用する人も多いようですが、実際に会えるまでいける人は少ないようです。出会い系サイト上でのやり取りはほとんどの場合メールやSNSなので、なかなか気持ちは伝わりません。

特に、普段から女性と話していない男性ならなおのことです。大切なのは実際に会って話すことです。

僕がおすすめなのは自然な出会いだということ

「出会いの場」と聞くと、何を想像しますか。

友人・知人の紹介だったり、合コンなどを想像するでしょうか。

今回お勧めしたいのはそのようなわざわざセッティングしたり、第3者の手を借りたり、つまり、狙った出会いではなく、あくまで自然な出会いです。

それがないから「出会いの場」に頼るのだと言われるかもしれませんが、先ほども述べたように、日常生活の中で出会いというものは常に存在しています。

それに気づいていないか、比較的少なくなってしまうような行動圏でしか生活していないかです。

そう、出会いを増やすための簡単な方法、「行動パターンを変える」について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



 

出会いを増やすための具体的な方法

自然な出会いを増やすための具体的な方法、それは行動パターンを変えるということです。

根本から変えるというわけではありません。例えば何か新しいことを始めてみるとか、ちょっと一人旅をしてみるなどです。

関心のあることにチャレンジしてみる、このチャレンジ精神は恋愛においても大事なことです。

一期一会という言葉もあるように、ちょっとした旅でも何か出会いがあるかもしれません。休みの日に日帰り旅行だったり、普段いかないところへドライブしたりもいいですね。

このような簡単な変化の具体例をいくつか紹介したいと思います。

サークルに所属する

男女共同の何かのスクールに通ってみることで、新しい出会いがあるかもしれません。ジャンルは問いません。男女ともにできるものなら何でも大丈夫です。

スポーツなら、テニスなどでしょうか。子供から大人まで幅広い世代に愛されているスポーツですね。男女でペアを組むミックスダブルスも競技として存在しますし、多くのテニススクールが活動しています。

大学でも学内の学生サークルはもちろん、地域の人向けのテニス講座も開催されています。

また男性のイメージが強い空手でも、女性が多く通っているスクールがあるようです。

国技である相撲も、よくテレビなどで女性が稽古をしている姿が映されているのを見かけます。

近年のなでしこジャパンなどの活躍もあり、今まで男性のほうが競技人口が多かったスポーツも女性が増えているようです。少しでも興味のあるスポーツなら、ぜひ挑戦して見るべきだと思います。

とはいえ、やはり運動は苦手という方もいると思います。

そんな人は料理教室などがおすすめです。速水もこみちさんのよう、に料理ができる男性ってかっこいいですよね。

また、サークルとは少し違いますが、ボランティアに参加してみるのもいいことだと思います。特に災害の復興支援のボランティアなら、老若男女様々な人が参加するので、思い立ったら行動してみるべきです。

このように、サークルに通うことで新たな出会いがあり、そこで知り合った人の知人だったり、さらに出会いが広がる可能性があります。

定期的に訪れる場所を作る

27c86ecefa871a98f2aecd6f0ef58b72_s

行きつけのカフェやスポーツジムなどを作ることで、店員さんやほかの常連のお客さんとも知り合える可能性が生まれます。

特にスポーツジムは、休憩中にお話ししたり、常連さんなら曜日や時間を決めている人がほとんどだと思うので顔なじみになりやすいです。

カフェなどでも店員との会話が弾めば、自然と他のお客さんとも知り合えるかもしれませんね。

同性の友達を増やす(モテてる友達を探す

もしあなたの周りにモテている友達がいるのならば、その人と仲良くなるのも一つの手です。

モテている人の多くは、恋愛におけるテクニックを知っていたり、女性の友達を多く持っています。どうやったら持てるのか直接聞いたり、そばで観察できるのはとてつもない経験値になることでしょう。

女性と話すのに慣れてきたらインターネットも使ってみて!

上記のような場所や方法で女性と知り合い、女性と話すことにも慣れてきたなと思ったら、インターネットも使ってみましょう。

前述で出会い系サイトは失敗しやすいと言いましたが、それは女性との会話に慣れていないからです。ある程度慣れてきたなら、今の世の中ネット社会ですので、利用しないわけにはいきませんね。

とはいえ、いきなり出会い系サイトでなくとも、LINEやTwitterなどのSNSで人とつながることができます。LINEはメアドよりも先に交換するのではないでしょうか。
メールに変わり通信手段の第1戦で活躍しているといっても過言ではありません。

Twitterなら共通の趣味を持っている人と知り合えるかもしれません。LINEよりもワイドに情報が展開しているので、モラルを守りつつ世界中の人とつながることができます。

また、Faceboookで昔の友人と再会できるかもしれません。そこから新たな出会いが待っている可能性もあります。

次に、合コンセッティングサービスの利用です。

僕自身初めて聞くのですが、今頃は合コンや街コンをセッティングしたり紹介してくれるサービスがあるようです。

以前テレビでカラオケで同ジャンルの曲を歌いたい人を募るサービスを紹介していましたが、それの合コン版ということですね。

自分でセッティングしていないので気軽に参加できるというのが利点のようです。

そして、出会い系サイトの利用です。SNS、合コンときて、ここでようやく1対1の出会いを探すことができます。今までの経験値があれば先にあげた失敗もないでしょう。

場所を選ばず自分のペースで探せるのが利点です。

このように日常生活でもネット利用でも多くの出会いがあります。しかし、それをものにできるかは行動することが不可欠です。

まず小さなことから始める一歩を踏み出しましょう。