自分にとっての5つの30代でやるべきこと

自分にとって大切な30代でやるべきことをまとめてみました。

30代は仮に60代でリタイヤするとういことになれば、折り返し地点になるひとつの節目となる年代ではないでしょうか?

20代から30代になりますます多忙になるなか今後の自分をよりよくするにはどうすればいいのか?

自分なりに考えてみましたので見ていただければと思います。


スポンサードリンク

人生の計画を立てる

photo-149

一般的な20代の人生では、入学試験や入社試験などがあり会社では次から次と覚えることがたくさんありいつも眼前の課題の解決が大切だったでしょう。

30代になってからも忙しい日々に追われることは変わりないと思います。

ちなみに自分は20代の自分の行動を反省し30代を目標を持って行動することで自分の理想の40代になることを目指そうと思います。

自分は周りと比べて20代で色々と行動することが遅かったように感じます。

30代ではすばやく行動にうつしてさらに行動の質を高めることを目指します。

そして30代で「定年退職になるまで同じ会社や職業を続けるのか?」という課題には疑問を感じるため違う道を選ぼうと思います。

あなたも過去の自分を反省し未来に自分に活かすことを考えてみてはいかがですか?

与える人になる

photo-1437

20代では「他のひとに何かしてあげること」よりも「ひとから何かしてもらうこと」のほうが多かったんじゃないですか? 自分もそうでした。

30代は「してもらうひと」から「してあげるひと」に徐々に変わっていけるといいですね。

例えば後輩に奢ったり。親戚の子に小遣いをあげたり、お金だけじゃなく誰かにアドバイスができるのもいいですね。

ちなみに自分は、20代で行動することが遅れたため収入を確立させることも遅れていました。

そこで、「人よりお金を持っている人はどのような人か?」と浅はかながら、自分なりに考えました。その結果それは「人から与えられる人」ではなく「人に多くのものを与える人」ではないか?という結論に達しました。

そして「人に与える人間はどのような人か?」と考えたところ「人の幸せを本気で願える人間ではないか?」と思いそういうひとになれるように頑張ろうと思います。

その過程で「教養を身につけることも必要」と考え合わせて努力しようと思いました。

そんな経緯から自分も「与えるひと」になろうと思いました。

健康を考えた生活の開始

photo-84ce

人間の体は、ある日突然壊れてしまうのではなく、毎日少しづつ問題が蓄積していくことで毎日ボロボロと崩れており、それに気づくのはかなり困難です。Gigazineより

体にちょっとづつガタかくるのは自分もわかっていましたので以下のような対策をとりました。

自分は30代になってまず最初に取り組んだのが規則正しい生活をとりもどすことです。

それまでの暴飲暴食をやめ不規則な生活から規則正しい生活に変えることでかなり健康になります。 家族や子供にも優しいですしね。

また30代のある時事故を起こし骨折して半年ほど入院しました。その時タバコが吸えなかったことがきっかけで禁煙しました。

しばらくはタバコ吸いたくてたまらなかったです。ひとに勧められた禁煙本「禁煙セラピー」を読んで吸いたい気持ちがだいぶなくなりました。

禁煙が成功した後の現在は休憩の一服代わりのフレンバーを使っています。

適度な運動をするには仕事で体を動かすのが手っ取り早いです。誰もがそういうわけにはいかないので「日常的にできる運動の習慣をつける」といいと思います。自分ももうすぐ転職で体を動かさなくなるので「日常的にできる運動の習慣をつける」ことが必要になりそうです。

スポンサードリンク




人間関係を見直す

photo-fc773

友人であろうが同僚であろうが人それぞれ考え方や価値観が違うことはよくあります。

それぞれ違う考えでもお互いに認め合うことができなければ前向きな人間関係はきずけないのでは?と思いそのような悪影響を与えるような人間関係は避けるようになりました。

それとは逆にお互いを高めるような友人や関係の深い家族はいままで以上に大切にするようになりました。

自分や大切な友人や家族がいつ事故や病気で亡くなるともわからないと感じたことからこのような行動をとるようになりました。

親孝行を始めるのも人間関係を見直し自分にとって大事なひとを大切にすることのひとつではないでしょうか?

また他人と自分を比べるのをやめてむやみに自分で自分の自尊心を傷つけるのをやめようと思いました。

それと合わせて自分に無い物や手に入れることのできないものを望むのをやめて、自分が持つもので幸せになることを目指そうと調べて思いました。

節約や貯金を始める

photo-1438368915865-a852ef86fc42

20代の後半からお金のことを考えるようになりました。

三十代で仕事では昇進や転職や起業などの葛藤があるひともいると思います。

多くのひとで三十代は結婚や家を買ったり子供が生まれたり人生で大きな出来事が起きうる大切な10年間ですよね。

今後いくら稼いでいくら使うのか大まかでもいいので決めておくと行動が変わると思います。

自分はあまり貯金はできてませんが節約に関してはかなり気を使うようになりました。

また貯金はできなくても財テクの勉強はしています。どこかで役に立つといいのですが、、、

まとめ

30代ど真ん中の現在をどう生きていくかで人生の大半は決まってしまいます。

今回このようにまとめて見直したことで少しでもよい影響が出ればと願っております。

以下は参考にさせていただいたサイトです。

チャレンジを忘れない

お金のことを考える

人間関係を考える

おサイフプラスより

人生プランを立てる

教養を身につける

たまには高級なものに触れる

運動の習慣を身につける

ストレス発散方法を確立する

親孝行を始める

与える人になる

nanapiより

定年に向けて貯金を始める

健康を考えた生活の開始

悪影響を与えるような人間関係を断ち切る

信頼できる友人や家族との関係を粗悪にしない

全てを手に入れることを諦める

変化のためにはリスクを犯すこと

成長し続ける

誰も何が起こっているかなんて理解していない

家族への投資

自分に優しく、尊敬の念を持つ

Gigazineより

煙草をやめる

毎日同じ時間に起き、同じ時間に寝る

日常的にできる運動を始める

嫌なことがあったときに思ったことを紙に書くことでストレスを減らす

節約や貯金を始める

家を買いたい、子供が欲しいなど、「人生」の目標を追いかける

無い物ねだりをやめ、自分が持つもので幸せになることを学ぶ

浅く広い人付き合いから、深く狭い本物の人付き合いに変える

他人と自分を比べるのをやめる

過去の過ちをゆるして前へ進む

マイナビスチューデントより