信頼される恋愛を女性とするには?

恋愛とは人間関係の1つです。

人間関係において重要なのは信頼です。

つまり、恋愛においても信頼とは重要な事なのです。

今回は信頼される恋愛をするためにはどうしたらいいのかを調べてみました。


スポンサードリンク

信用と信頼

相手のことを信じる意を持つ言葉には、

「信用」「信頼」があります。

「信用」の意味は信じて利用すると書くように、

確かなものと信じて受け入れる

です。

主にビジネスの場面で使われることが多くあります。

それもそのはず、

お金が絡んでくるビジネスの場面ではギブ&テイクの利害関係が大切です。

仕事相手を信じられるか、

どのように利用するかが重要になってきます。

 

「信頼」は文字通り

信じて頼ること

の意味があります。

A photo by Mikael Kristenson. unsplash.com/photos/3f4sQIums6k

信用と違って利害関係を含まない家族や友人、

そして恋愛関係において重要になってきます。

純粋に相手を信じているので、

利用するのではなく頼るということですね。

 

つまり、

恋愛において必要なのは「信用」ではなく「信頼」ということですね。

そして、

相手に信頼してもらうには、

まず自分が相手のことを信頼しなければなりません。
互いに信頼することで素敵な恋愛ができるはずです。

相手に信頼されること

恋愛は互いの信頼における人間関係において成り立っています。

長く付き合えるかどうかはこの信頼関係をどのように築けるか、

つまり、

相手とどれくらい心と心が通じ合っていけるかが重要になってきます。

 

心と心が通じ合うこと、

恋愛においては愛の強さというべきでしょうか。

2人がより固い絆で結ばれ、

より強い愛を築くにはどうすればいいのでしょうか。

 

結論から言いますと、

自分が信頼されるに足る人物になるということです。

そしてそのためには相手の立場に立って物事を考えることが重要になります。

自己中心的にならずに、

広い視野を持って、

他人のことも考えられる人が他人に信頼される人です。

 

一目惚れという言葉がありますが、

大抵の場合は付き合うなかで相手のことを知っていきます。

付き合う期間が長ければ長いほど、

多くのことを知ることができます。

そのうえで相手の立場に立って物事を考えることで、

 

「人のことに親身だ」
「思いやりがある」
「相談に乗ってくれる」
「人によって態度を変えない」

などの好印象を得られることができます。

これらの積み重ねが大きな信頼を得るきっかけになります。

 

また、

信頼されるということは自分自身を強くすることにもつながります。

誰かから信頼されていると思うと、

なんだか自信が湧いてきます。

自分が誰かの役に立っていると思うと、

また頑張ろうと思えてきます。

そういった心の強さは誰もが持っているもので、

信頼はそれを呼び覚ますカギだと思います。

ただし、

自分のことを省みず相手に尽くす自己犠牲とは違いますから、

注意が必要です。

相手の立場に立つ

前述で相手の信頼を得るには、

相手の立場に立つことが大切だと述べました。

これは恋愛に限らず人生の中の様々な人間関係において重要になってきますよね。

 

恋愛における愛とは、

信頼関係の絶対的な証です。

簡単に築くことができないけど、

本当の愛で結ばれた信頼関係は簡単には崩れません。

長年連れ添った夫婦を見るとよくわかりますね。

前述で述べたように信頼関係を築くには、

小さなことからコツコツと積み重ねていかなければなりません。

しかし、

塵も積もれば山となるというようにそこから得られた信頼と愛情はあなたの人生の中で何物にも変え難いものになることでしょう。

信頼と愛情は直接目で見ることはできませんが、

それはつまり何物にも壊すことはできないものを表していると思います。

 

信頼関係を確かめる方法

信頼関係は直接目で見ることはできません。

 

しかし、

自分と相手の間にはどれほどの信頼関係があるのか、

誰でも気になると思います。
そこで、

恋人との信頼関係を確かめる方法をいくつか紹介したいと思います。

 

・誰かが何気なく発した言葉で、二人思い出を呼び覚ます、

二人だけがわかるスイッチがあることがあります。

そのスイッチは二人が過ごしてきた楽しい思い出の証です。

 

 

・恋人が落ち込んでいたり、何かに対して苛立っていたりしたとき、

あなたも同じように感情を共有できたなら、

二人の心が通じ合っているということです。

相手の痛みを、喜びを自分のことのように感じることができ、

相手の幸せこそ自分の幸せというレベルにまで、

二人の愛情が高まっているということになります。

 

 

・信頼関係で結ばれていると言ってまったく喧嘩をしないというわけではありません。

しかしその中で、

相手を傷つける言葉は口にしません。

そして大げさに謝罪をする必要もありません。

意見がすれ違い口論になっても、

相手への優しさと思いやりがあれば何事もなく終わらせることが出行きます。

 

 

・本当に伝えたいときだけ言葉でのコミュニケーションがあり、

これは愛があればこそ成立します。

大抵のことは言葉なしでも伝わってしまい、

質問で困らせることがありません。

まるでテレパシーのように心が通じ合っている証拠ですね。

 

 

・健全なカップルに最も早く表れる現象として

「同じタイミングで同じ考えを思いつくこと」が挙げられます。

一回だけなら偶然かもしれませんが、

偶然が何度も重なればそれは必然になります。

一番わかりやすくて、一番ロマンティックな現象ではないでしょうか。

 

 

・波長が合うとよく言いますが、

幸せなカップルにとって世界は同時に大きくも小さくもなります。

同じ波長にいないように感じていても、

結局は二人が同じ波長を生み出しているということがあります。

 

 

・信頼関係は相手を信じて頼る関係ですが、

強い信頼関係で結ばれているのならば、

わざわざ助けを求めなくても真っ先に手を差し伸べてくれる人がいます。

相手のことを理解し、言い訳も約束も必要なくなります。

それはお互いがお互いの人生に寄り添っているからです。

 

 

・相手に尽くすことで相手を傷つけてしまってはただの自己犠牲になってしまいます。

しかし、

犠牲になっていると互いに思わなければ、

優先順位だけで動いているのならばそれは本当の愛と言えるでしょう。

 

 

・経験を重ねることで二人の信頼は確かなものになっていきます。

コミュニケーションに言葉は必要ですが、

信頼関係が強くなればなるほど逆に言葉は不要になってきます。

 

まとめ

信頼されるに足る人物になるに、は相手の立場に立つことが大切です。

信頼関係を築くためのポイントをまとめてみました。

・相手と心と心がどれだけ通じ合っているか
・そのためには自分が信頼されるに足る人物になる
・信頼されるためには相手の立場に立って物事を考える
・その積み重ねがのちに大きな信頼を得るカギになる
・そして信頼されることは自分自身を強くしてくれる
・愛情と信頼は決して目には見えないが、何物にも壊すことはできない

ということです。

信頼されることも、

相手の立場に立つことも、

まずは自分が相手を信頼して受け入れなければいけません。

 

そして積み重ねていく過程でも、

それを意識したり焦っては何の意味もありません。

その過程の中で自然に相手を受け入れたより頼られる関係になれるかが大切です。

 

その過程は恋愛だけでなく人生の中で必ずあなたの助けになります。

信じること、頼ること、頼られること、

相手を助けることそれらすべてがあなたの強さになります。

 

信頼される恋愛とは決して壊れない信頼と愛情を手に入れた恋愛です。

そのことを忘れずに、目の前のパートナーのこと知ることから始めてみましょう

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク



このページの先頭へ