初対面の女性と打ち解ける会話とは?

恋愛が苦手な男性の多くは

女性と話すのが苦手な人が多いと思います。

特に、

初対面の女性とは

どう打ち解ければいいのかわかりませんよね。

 

今回は初対面の女性と打ち解けるにはどうすればいいのか、

最低限注意すべきことと有効な会話術について調べてみました。


スポンサードリンク

身だしなみは基本

会話で何を話そうか考える前に、

まずは身だしなみを整えましょう。

 

初対面で最初に目に入るのは当然見た目です。

 

見た目の第一印象が悪ければ打ち解けるどころか、

話すら聞いてもらえないかもしれません。

 

生理的に無理だと判断されれば、

会話という舞台にすら立てないということです。

 

何も高い服や小物を付けろと

言っているのではありません。

 

髭や寝癖などを整えて清潔感を保てばいいのです。

 

第一印象で好印象を与えることができれば、

その後の展開も優位に運ぶことができます。

 

女性は初対面の男性に会うとき、

「靴の綺麗さ」

「歯の状態」

「既婚か独身か」

「服装のセンス」

「清潔感」

「生年月日や血液型」

「話し方や言葉遣い」

「喫煙者かどうか」

「臭い」

の9つのポイントをチェックしているようです。

 

 

センスは難しいところですが、

他の8つのポイントは

さまざまな場面でも注意すべきことなので、

普段から意識してみるといいでしょう。

 

口下手だって大丈夫

女性はおしゃべりな男性が好きです。

 

しかし、

口下手だからといって

それを隠す必要はありません。

 

あまり話さないということは

誠実な人だと思われることもあるでしょう。

 

大切なのはその場を楽しんでいることを伝えることです。

 

笑顔を絶やさずに聞き手に回るようにしましょう。

 

その中で適度に自分の話も加えていきます。

 

ここで注意すべきなのは、

 

口下手で聞き手に徹する人ほど

自分の得意分野の話ばかりしたがるということです。

 

 

僕も経験がありますが、

話すのが苦手な人ほど

自分の興味のある話題には積極的になります。

 

普段あまり話さないので一気に溜めたものを放出しているのでしょうか。

「いつもそれくらい喋れ。」

 

「一方的すぎて話に合わせにくい。」

 

等とよく言われてしまいます。

 

必要なときには何も喋らなくて、

必要無いときに一方的に喋る、

 

なんとも迷惑な話です。

 

だからといって、

初対面でいきなり話上手になることはできません。

 

そこで相手の反応を見られるかどうかが

鍵になってきます。

 

自分から話を切り出しても

相手が興味がないようならば

潔く引き下がりましょう。

 

 

どうしても話題が見つからないのであれば、

周りの目に入ったものを

話題にするのもいいかもしれません。

 

大切なのは適度に相手の目を見て話を聞いたり、

自分の話をすることです。

 

質問で情報を引き出そう

上記で述べたように、

いくら口下手でも、

ある程度の会話は必須です。

 

その場で話題を探したり、

得意分野と呼べるものがないのであれば、

 

あらかじめ質問を考えていきましょう。

 

初対面なのですから

相手のことを知るために質問をするのは

自然なことです。

 

誰にでも聞けるような簡単な質問で構いません。

 

気を付けるべきは切り出すタイミングです。

 

単刀直入に趣味を聞くよりは、

休日過ごし方を聞いて

趣味の話題に持っていくなど、

 

1クッション置いてから本命の質問をしましょう。

 

とは言え、

やはり難しいのが現実です。

 

口下手な男性にとって

1クッション置けなどと

言われてもよくわかりませんよね。

 

これは練習と経験を積むしかないと思います。

00e4d1d2ecbfa90e826ae14b31816fa6_s

 

あらかじめ質問を考える場合、

ぱっと思い付いたものが

おそらく本命の質問でしょう。

 

では、

その質問をするためには

どんな1クッションが必要なのか

考えなければいけません。

 

参考までに

女性が聞かれると

嬉しい質問をまとめてみました。

 

服装や靴、

小物を褒めて

どこで買ってるか

などを聞きましょう。

 

外見を褒められるよりも

センスを褒められる方が

女性は受け入れやすいようです。

 

女性にとって好きなものの質問なので、

その後の話の発展もしやすいと思います。

 

もちろん外見を褒めることも大事です。

 

スポンサードリンク



 

可愛くなろうとする努力を褒められるので、

女性としては嬉しいはずです。

 

仕事のことを聞くことで

愚痴や悩みを引き出すことができます。

 

そこで同意や解決策を出せば

好感度は上がるでしょう。

 

相手の趣味や特技をわかっているなら、

是非いろいろ聞いてみるべきです。

 

口下手な人ほど

得意分野でお喋りと言いましたが、

誰だって自分の興味あることなら話したいし、

相手が興味を持ってくれたら嬉しいですよね。

 

 

ある程度の会話が盛り上がって

距離が縮まったと思ったならば、

 

彼氏はいるか聞いてみるのもいいでしょう。

 

相手に自分のことを意識させるチャンスです。

 

このようにその場の情報だけでも出きる質問はあります。

 

大事なのはどれだけ観察できるかですね。

 

また、相手を褒めることはとても効果的です。

 

誰だって褒められたら嬉しいですよね。

 

自分のことを理解してちゃんと見てくれる人になら、

他の人にはしない話もしてくれるかもしれません。

 

リアクションが大事

口下手ならば

よい聞き手となって挽回しましょう。

 

相手の目を見て適度に相槌を打てば、

好印象を得られます。

 

その相槌、

つまりリアクションを上手くすることによって女性が

 

「この人は話しやすい」

 

と感じるかどうかが決まってきます。

 

会話中の女性が気持ちよく話すために、

以下のテクニックを紹介します。

 

「相手の顔(目)を見ながら笑顔で相槌を打つ」

「共感できるところには強く同意する」

「タイミングよく続きを促す」

「話が広がるような掘り下げた質問をする」

「面白い話は素直にはっきりと笑う」

「相手の気持ちになって感想をいう」

「素直に驚く」

「相手の話を整理して繰り返す」

「感心したことは素直に褒める」

このように意識すればできそうなことばかりだと思います。

 

質問同様慣れは必要だも思いますが、

 

1つでもいいので実践して、

 

聞き上手な男性を目指しましょう。

 

まとめ

初対面の女性と打ち解けるには、

まずは聞き手となり

相手の情報を引き出しながら、

褒めて会話を膨らませることが大切です。

 

口下手だからといって

無理に話題を作ったり、

無理に話を広げようもする

必要はありません。

 

口下手な人ほど

何か話さなきゃと焦ってしまい

会話が急ぎぎみになってしまいます。

 

よって相手が付け入る隙がなく

一方的になってしまいます。

 

口下手な人ほど

会話の合間の沈黙が耐えられないのです。

 

しかし、

会話間の沈黙も時には必要です。

 

食事をしているなら

しっかり味わって、

味について話すのもいいでしょう。

 

また、

一呼吸置くことで

周りの情報を収集し、

次の話題の準備ができます。

 

ちょっとした沈黙が

逆にいい雰囲気を作り出してくれる

こともあります。

 

焦らずどっしりと構えましょう。

 

焦らなければ視野が広がり相手のことや周りの状況がよく見れるはずです。

そうすれば紹介してきたようなテクニックを使える

余裕も出てくるでしょう。

 

そうやって会話が

弾み打ち解けることができたなら、

自分をアピールすることも

忘れてはいけません。

 

会話が少しでも

盛り上がっていい

印象を与えていたなら、

 

最後に連絡先を聞こうが

悪い印象にはなりません。

 

その日の内にお礼と

相手の反応が良ければ

次に会う約束などもしておきましょう。

 

このように聞き手となり

相手をしっかり見ることを、

 

相手のことを褒めること、

 

適度に自分の話をすること、

 

相手を気持ちよくさせる相槌を打つこと、

 

最後にアピールを

忘れないことを忘れなければ、

 

初対面の女性と打ち解けるのは

そう難しくないはずです。

 

焦らず余裕をもって笑顔を忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク



このページの先頭へ