恋愛トークの仕方とは?

男性が誰しも女性との会話で直面する課題と言えば、

恋愛話ではないでしょうか。

女性は恋愛話が大好きです。

気になる女性との仲を深めるにはこの恋愛話ができるできないが大きく関わってきます。

 

一概に恋愛話と言っても色々あります。

今回は女性との仲を深めるための恋愛話を恋愛トークとして、

詳しく調べてみました。


スポンサードリンク

女性が恋愛トークや恋愛話が好きな理由

女性は恋愛話が好きだと言いましたが、

それはなぜなのでしょうか。

 

少女漫画などを見てみても、

僕の知る限り少女漫画=恋愛の印象があります。

男性にはなかなか理解できない世界がそこにあるようです。

 

恋愛トークに限らず、

恋愛話はいろいろなものがあります。

ガールズトークや女子会のお題も大体が恋愛話のようです。

男性からしたら、

とても恐ろしい会合に聞こえるかもしれませんね。

 

恋愛話には他人の恋愛話と自分の恋愛話の2種類があり、

女性はそのどちらも好きです。

その理由としては大きく分けて次の2つがあります。

Processed with VSCO with hb1 preset

Processed with VSCO with hb1 preset

 

1つ目は恋の感情を共有したいからです

いわばキュンキュンしたいのです。

男性は論理的、

女性は感情的と言われるように、

他人と感情を共有したいという思いが男性よりも強いのです。
男性はどちらかというと秘めた恋に魅力を感じるのでしょうか。

 

2つ目は、

先ほど恋愛話に2種類あると言いましたが、

自分の恋愛話の場合はその物語の主役(ヒロイン)となれるわけです。

また、

他人の恋愛話でも感情的な生き物であるわけですから、

その物語を疑似体験できるのです。

 

聴いたラブストーリーに自分の想像を加えることで、

ドラマティックな恋に憧れるようです。

 

女性と恋愛トークをすると一気に仲を深められるわけ

女性がどれほど恋愛話が好きかわかったところで、

男性が恋愛トークをするメリットがぼんやりと見えてきたことと思います。

 

例え口下手だとしても恋愛トークを切り出すことで女性の興味を引くことができ、

女性の方からも話を広げてくれるかもしれません。

滅多に女性と話す機会がない、

女性と話すのが苦手という人ほど効果的だと思います。

 

また、

恋愛トークをすることでその女性がどのような恋愛を好むのか、

理想のシチュレーションなど恋愛に関しての様々な情報収集ができます。

 

こういった多くのメリットを生むことで、

他の男性と自分を差別化することができます。

なぜなら恋愛トークをすることで共感したいという女性の感情的欲求を満たすことができるからです。
うまくいけば自分との恋愛を想像してもらえるかもしれません。

 

このように、

恋愛トークができるということは恋愛において一歩進めるということです。

 

女性と恋愛トークをするときの話題集と恋愛話例

恋愛トークのメリットは分かったけど、

恋愛話なんてしたことがない、

何を話していいのかわからないという男性がほとんどだと思います。

それ以前に女性との普通の会話も苦手という人が多いのではないでしょうか。

 

難しく考える必要はありません。

自分がよく話す内容を考えてみてください。

そうです、

自分が興味のあることについておしゃべりになるのは男女の関係はありません。

たとえ初対面でも興味のあることなら自然に会話も弾むと思います。

 

そんな中で、

恋愛話というのは大半の女性が興味を持っているので、

ネタとしては最適です。

こちらから話すのが苦手なら、

恋愛話の話題を出せば女性の方から次々に話題を提供してくれるので、

男性側としては聞き手になればいいのです。

特におしゃべりが好きな女性なら、

聞き手になるだけで楽しい時間を提供できるわけです。

 

もし女性の方から男性に対して質問などがあれば、

それは少なからず興味を持っているということなので臆せず答えていきましょう。

そういうときだけ自分の素性を明かし、

普段は謎というミステリアスな男性に惹かれる女性も多いようです。

 

 

スポンサードリンク



 

 

では、

具体的に恋愛トークではどのような話題を切り出せばいいのでしょうか。

恋愛話の基本は過去の恋愛経験です。

恋愛経験と言ってもそんなしっかりしたものでなくても構いません。

 

例えば、

子供のころの初恋やバレンタインチョコをもらったとかでも立派な恋愛話です。

ただし、

子供のころの話は自分から話すようにしましょう。

そうすることで女性も話しやすくなります。

なので、

聞き手として恋愛トークをするならば、

やはり鉄板のいわゆる恋バナです。

 

ここでいう恋バナとは、

第3者のことについて話すこととします。

自分の恋愛経験は乏しいけど、

友達のなら知っているという人にはお勧めですね。

具体的に話さなくても、

こんな話を聞いたとか、

こんな相談をされたなどと言って、

女性にさりげなく「どう思う?」などと振ればそこから恋バナが進展していきます。

恋愛トークのNGな会話と注意点とは?

恋愛話にはいろいろあると言いましたが、

恋愛話と恋愛トークの違いとは何なのでしょうか。

一般に恋愛話というと恋バナやガールズトークです。

 

今回恋愛トークとは男女間の仲を深めるための恋愛話と定義しています。

他の恋愛話と一緒ではダメな部分も当然あります。

 

例えば前述の恋バナは第3者について話していますが、

これだけでは恋愛トークにはなりません。

話の中心は第3者であり、

当然女性の興味もその第3者に向いています。

そこからいかに自分に興味を向けさせるかが恋愛トークのカギだと思います。

photo-1421986872218-300a0fea5895

とはいっても、

恋愛経験がなければ自分のことについて語るのは難しいですね。

しかし、

そこで素直に恋愛経験がないと言ってはいけません。

恋愛に限らず男女の価値観は違います。

恋愛経験がないということについてのとらえ方も当然男女で変わってきます。

いくら女性が恋愛話好きと言っても、

その時点で興味を削がれてしまうかもしれません。

 

では、

どうすればいいのでしょうか?

大事なのは過去の設定を考えることです。

男性が聞き手となる恋愛トークでは、

男性から話を広げていない限り女性からの話題提供は

 

 

どのくらいの期間、彼女がいないのか?

前の彼女とは、何が原因で別れたのか?

前の彼女とは、どこで知り合ったのか?

前の彼女とは、どんなタイプの女性だったのか?

前の彼女は、何歳だったのか?

前の彼女とは、どのくらいの期間つきあっていたのか?

 

の6つがほとんどです。

この6つについて設定を考えておけばいいのです。

あとは聞き手となり女性の話を聞きましょう。

設定と言っていますが、

要は作り話なので罪悪感を覚えるかもしれません。

その償いは、

その女性を幸せにすることで成せると思います。

 

もし、

男性から話題提供をするのであれば、

考えなければならないのはその内容です。

2人の仲の深さによって内容を変えなければなりません。

いきなり深い部分を聞いても逆に警戒されてしまいます。

よっぽど話すのが上手だったり、

経験豊富な人でない限り、

聞き手としての恋愛トークをお勧めします。

 

モテる男になりたければ積極的に恋愛トークをすること

モテない男性ほど、

恋愛話に対してタブー感を抱いています。

こんなこと聞いていいのか、

自分に恋愛経験がないからと恋愛話を避けている人が多いようです。

前述の6つの設定に抱く罪悪感も強いことでしょう。

photo-1460688319791-19e8856a8ff0

しかし、

本当にもてたいと思うのであれば、

恋愛話・恋愛トークは必修単位となってきます。

恋愛トークのメリットとして紹介したように、

他の男性と差をつけるには他の男性と違うことをしなければなりません。

恋愛話をタブー視している男性が多いなら逆に恋愛話をすることができれば、

それだけで一歩リードできるわけです。

いきなり恋愛トークが難しいなら、

男同士で恋愛話をしたり、

それをネタにして恋バナをしてみましょう。

 

恋愛トークの基本は聞き手です。

1つ恋愛話をすればあとは女性の方から恋愛トークへと発展させてくれます。

女性にとって恋愛話はタブーではなく大好物です。

勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク



このページの先頭へ