花火大会デートで失敗しない!成功のポイントとは?

夏と言えば祭り、

祭りと言えば夜空を彩る花火ですね。

暑いのは苦手ですが、

綺麗な花火を見ると、

そんな暑さも忘れさせてくれる気がします。

 

この時期は毎年試験勉強に追われていますが、

息抜きとして大学から見る花火も悪くないです。笑

 

あわよくば、

いつか大切な人と間近で見てみたいものです。

 

今回はそんな夏の風物詩であり、

夏デートの定番、

花火大会デートについて調べてみました。

いつか誰かと行きたい人、

今年は失敗しちゃったなという人の力になれればと思います。


スポンサードリンク

 

花火大会デートで失敗しない!

花火大会デート、

カップルにとっては夏の一大イベントです。

よりラブラブになれることはいいことですが、

普段と違う環境ゆえに失敗して喧嘩したり別れてしまうカップルも少なくないようです。

失敗して、

せっかくの花火大会を台無しにしないために、

男性は大きく次の三つのことに注意しましょう。

 

まずは最初の待ち合わせです。

ここで失敗してしまっては花火すら見ることができません。

会場はもちろん、

最寄り駅では混雑必死です。

土地勘があったとしても、

人であふれかえってしまえばそこはいつもとは別世界です。

最後まで出会えずに終わってしまったなんてこともあるかもしれません。

 

特に女性は浴衣を着てくることが多いので、

慣れない格好で慣れない場所で人ごみに押し流されたら疲れは何倍にもなるでしょう。

多少会場から遠くても彼女の家の近くまで迎えに行ったり、

何駅か前で待ち合わせるようにしましょう。

 

さて、

無事に会場に着いたら今度は彼女のペースに合わせましょう。
浴衣で来ているのであれば、

普段のペースで歩いていては早すぎますし、

浴衣に合わせて草履や下駄できている場合は足を痛めるかもしれません。

できるだけ彼女のペースに合わせて、

途中で休むなどしましょう。

photo-1453775910522-5d45ac4f0eae

特に終わった後の帰りが重要です。

終わり良ければ全て良しではありませんが、

せっかく綺麗な花火を見ていい雰囲気なのに帰りで機嫌を損ねては元も子もありません。

帰りこそ細心の注意を払うようにしましょう。

 

3つ目は今回に事に限らずあらゆることに言えることですが、

準備をしっかりするということです。
後で具体的な持ち物は紹介しますが、

浴衣に合わせて女性は小さな手荷物だけのことが多いので、

男性がいかに準備をできるかが大切です。
当日焦っても後の祭りなので、

前日までにしっかり準備しておきましょう。

 

成功のポイント!こんなNGワードは避けよう!

行動に関して注意点を述べてきましたが、

発言にも注意が必要です。

前述で彼女のペースに合わせると言いましたが「早く歩いて」などという急かす発言はやめましょう。

男性は祭りが好きな人が多いですし、

早く行きたいのは分かりますが、

普段よりも相手のことを考えて、

相手の立場に立った対応をしましょう。

 

花火に興味ないような発言、

またはそれを思わせる素振りはしないようにしましょう。

花火より食べ物という男性は多いと思いますが、

せっかくの二人で見る花火、

しばしの間ひたってみてはいかかでしょうか。

 

NGワードを恐れてしゃべらないというのもまたNGです。

会話が苦手なら、

「足いたくない?」など彼女を気にかけている、

ちゃんと見ているということアピールしましょう。

 

人ごみでなかなか進めずにイライラし文句ばかり言っていてはいい気はしませんよね。

マイナスな発言はできるだけしないようにしましょう。

花火を見に来ていると同時に2人の時間を作りに来ているわけですから、

楽しむこと忘れないようにしましょう。

 

女性の浴衣姿は綺麗なものです。

しかし、

他の女性を褒める彼氏を見て、

女性はいい気はしないと思います。

思っても言葉にしないように、

なるべく見ないようにしましょう。

 

おすすめの持ち物!

準備が大事と先ほど言いました、

具体的に何が必要なのでしょうか。

必需品から持っていれば好感度アップの便利なものまで紹介していきたいと思います。

 

まずは必需品です。
最低限ハンカチ・ティッシュ・帰りの切符の3つは用意しておきましょう。

ハンカチはハンドタオルでも構いません。

紳士のたしなみですね。
ティッシュはウェットタイプが望ましいです。

汗でベトベトなまま手をつなぎたくはないですしね。
会場にもよりますが、

帰りに混雑しないように帰りの切符などを用意しておきましょう。

 

続いて、

あれば好感度が上がるであろう、

気遣いができる男子の持ち物を紹介します。
あらかじめ場所を確保しているのであれば、

座れるようにレジャーシートなどを用意しておきましょう。

大きすぎず小さすぎないものがおすすめです。

さらにクッションや座布団があればなおよいです。

折角のレジャーシートも下が砂利などだったら意味がありませんからね。

100均などの折り畳みチェアでもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

待ち時間に暇をつぶす場合や待ち合わせでスマホやiPhoneを使う場面は多いと思います。

最近は様々なカメラアプリの性能もいいですし、

夜道でライトを使うかもしれませんから携帯充電器は持っていくようにしましょう。

 

女性は浴衣など慣れない格好で来てくれているので、

靴ずれなどに備えて絆創膏を用意しておきましょう。

そのほかにも虫よけなど衛生用品があれば便利ですね。

ゴミの処理用に小さなビニール袋も用意しておきましょう。

 

暑さ対策とさらにおしゃれな雰囲気を出すために団扇や扇子があるといいですね。

 

普段お札やカードしか持ち歩かない人もこの日は小銭を持ってくるようにしましょう。

屋台でちょっとしたものを買うときは小銭の方が便利です。

 

屋台で飲み物や食べ物を買いたいところですが、

人が多いと難しい部分があります。

小腹満たしや熱中症対策に飴や水を用意しておくのがいいと思います。

また突然の雨に備えて雨具、

夜は冷えるかもしれないのでちょっとした防寒具があればいいかもしれません。

 

万全の準備をして最高の思い出を残せるようにしましょう。

 

女性は浴衣を着て行こう!

ここまで女性が浴衣を着てくる前提で話をしてきましたが、

女性のみなさんはぜひ浴衣を着ていってください。

もちろん浴衣を着ることでいろいろ大変なのはわかっています。

しかし、

浴衣を着ていけば彼氏は100%喜びます。
浴衣マジックなどと言いますが、

浴衣に限らず普段と違う格好をすることでギャップが生まれます。

男はそのギャップにとても弱いのです。

 

とはいえ、

100%は言いすぎました。

謝ります。
しかし、

マイナビのアンケートでは8割以上の男性が彼女に浴衣を着てきてほしいと答えています。

自分の彼氏がどちらなのかあらかじめ確かめておくのもいいかもしれません。

直接聞くのがあれなら、

友達に聞き出してもらいましょう。
事前に直接伝えておけば、

彼氏は前述のような準備をしてきてくれるはずですし、

それなりの格好もしてきてくれるでしょう。

メリットは多いはずです。

 

また、

彼氏が8割に入っているとわかっているのであれば、

あえて伝えないという選択肢もあります。

サプライズとして着ていけば彼のハートを容易く射抜けることでしょう。

 

男性のタイプやメリットデメリットがありますが、

せっかくの花火大会ですから、

浴衣を着て思い出に残してもいいのではないでしょうか。

photo-1436076863939-06870fe779c2

穴場スポットで花火大会を楽しもう!

折角花火大会に来たのにまったく花火が見れないなんてことになったら今までの準備が台無しになってしまいます。

あらかじめ穴場を探しておくことをお勧めします。

 

今回は有名な花火大会の穴場を紹介したいと思いますが、

ネットにアップされている時点で多くの人に知られてしまっているので、

自分の足で探してみるのもいいかもしれません。

 

一例として、

隅田川花火大会の穴場を紹介したいと思います。

参考に近くの穴場を探してみてください。
隅田川花火大会は会場が二つあるそうです。

メインは第一会場なので混雑を避ける場合は第二会場をお勧めします。

 

なるべく近くで見たいなら清澄通りです。

交通規制が敷かれると同時に場所取りしましょう。

 

少し離れたところなら、

大横川親水公園がおすすめです。

もう少し離れたところなら汐入公園です。

なんとここからならスカイツリーと花火が同時に見られるそうです。

 

皆さんの夏の思い出が最高のものになることを願っています。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク



このページの先頭へ