ほとんど話したことない女性のデート誘い方!

学校や職場で普段あまり話したことないけれど、気になる女性はいますか。

デートに誘いたいけど、話したことないので誘い方がわからない、

と悩んでいる人も多いと思います。

特に学年が違ったり、部署が違ったりすると、

話す機会を作ることすら難しいものです。


スポンサードリンク

ほとんど話したことない女性のデート誘い方!

今回重要なのは

「ほとんど話したことない。」

ということです。

 

当然こちらからアクションを起こさなければ進展はありませんが、

いきなり食事などに誘っても断られるのは目に見えています。

まずは焦らずに距離を詰めることから考えましょう。

 

とはいえ、デートの誘いではないにしてもいきなり話しかけてしまっては同じことです。

距離を縮めて、会えば自然と世間話をするような関係までもっていきましょう。

 

そうすれば口実を付けてデートに誘ったり、

好感度が高ければ直球でもデートの誘いに乗ってくれるかもしれません。

では、自然に距離を縮めるにはどうすればいいのでしょうか。

Photo 1427097886142 1fd181454991

自然に距離を縮める方法

職場や学校が同じなら、朝の通勤・通学時間を合わせるのが一つの手です。

特に電車での通勤・通学の場合、乗る電車がいつも同じだという人は多いと思います。

 

通勤・通学は一日の流れを決める、その人のルーティンの一つです。

自然といつも同じ時間、同じ順路で通勤・通学するものです。

車や自転車、徒歩での通勤・通学も同じです。

工事などない限り道路状況は毎日ほぼ同じなので、

会社や学校に着く時間はほぼ同じになります。

 

ですから、気になる女性が毎朝乗る電車、学校や職場に到着する時間が、

ほぼ同じである場合が多いです。

自分が電車を使っているなら、その女性と一緒の電車に乗るようにしたりできますね。

そうでなくても、自分が家を出る時間を少し変えて職場や学校に着く時間を同じにすれば、

あいさつしたり話をしたりするなどできますよね。

そうして距離を縮めていけば、デートの誘いにものってくれやすくなります。

 

また、朝が難しいなら帰る時間を女性に合わせることもできますよね。

高校生以下なら、部活動が終わる時間は決められていると思うので、

話す機会を見つけやすいと思います。

大学生は取っている講義やサークルによってまちまちだと思いますが、

可能であれば実践してみてもいいのではないでしょうか。

 

初めのうちは挨拶をしていき、何回か一緒になるようになったら

「よく一緒になりますね。」

などと話しかけてみましょう。

そこから世間話をしていけば、気軽に話ができる仲になることができます。

ドラマや恋愛系のマンガでよく見るやつですね。

 

そして、世間話を重ねるようにしていけば、

デートに誘える状態まで持っていくことができるでしょう。

とはいえ、会社や大学なら出勤時間や登校時間がバラバラのこと方が多いです。

講義や仕事が昼からなら朝出会うのは不自然ですよね。

また、大きな会社や大学の場合、同じ時間に多くの人が入口を通ります。

その場合、特定の女性だけに挨拶をするのはなかなか難しいことだと思います。

自分の生活スタイルに合った方法を探していきましょう。

Unsplash 5244808e6b835 1

女性のことを知る

何度顔を合わせる関係になったのであれば次のステップに進めます。

気になっている女性の出身地、趣味、特技などを知ると、

話すきっかけを作りやすくなります。

 

例えば女性の出身がわかっている場合、

「今度○○に旅行に行くことになったんだけど、○○出身だよね?」

という感じで話しかけることができますよね。

何度も言いますが、ほとんど話をしたことない男性からいきなり話しかけられると、

女性はビックリするかもしれません。

 

これも少々の不自然さはありますが、自分の出身地のことならば話をしてくれるでしょう。

これをきっかけに徐々に話しかける機会を増やしていけば、

距離を縮めることができると思います。

 

最初に自己紹介で出身地についてある程度話しておくのが一番自然でしょうか。

そうすればのちにいきなり上記のような質問をしても、

自然に答えてくれと思います。

誰でも自分の出身地に興味を持ってもらえたら嬉しいのではないでしょうか。

趣味や特技が分かったら、そのことに関して聞いてみるのもいいでしょう。

 

部活動やサークルが分かったら、

「サークルでどんなことしているの?」

「僕もやってみたいんだけど。」

という感じで話しかけるきっかけになると思います。

それで本当にサークルに入ったりしたら、グッと距離を縮めることができると思います。

まあ、部活動はその競技やもの自体に興味がないと続けていくのは難しいと思います。

サークルでしたらある程度融通は聞くと思いますし、

趣味の一環として楽しむことができますよね。

 

しかし、趣味や特技は一緒にするのでしたら続けないと意味がありません。

実践するならよく考えることをお勧めします。

女性がよくいく喫茶店でばったり会うなんてこともいいのではないでしょうか。

前述の朝や帰りの時間が難しいのであれば、こういった場面で世間話も悪くないと思います。

 

スポンサードリンク

 

友達に協力してもらう

一人で話しかけるタイミングを作るのが難しいのであれば、

友人に協力してもらいましょう。

気になる女性の知り合いに、その女性と他に何人かと一緒にご飯を食べに行くようにお願いすることで、

話をする機会を作ることができます。

 

いわゆる合コンというやつですね。

これができるのであれば、一番簡単に距離を縮めることができます。

そこでいかに相手の情報を引き出し、話題を作れるかはあなた次第です。

 

舞台ができている分、今までの偶然出会った場合と違い、

女性もある程度身構えています。

しっかりと準備をしていかないと、距離を縮める前に逆に距離を置かれかねません。

 

距離を縮めてから、デート誘い方!

Photo 1466979939565 131c4b39a51b

気になる女性と話す機会を作ることができたら、2人で食事をする口実を探してください。

 

これまでに述べてきたように仕事や勉強の悩みの相談をしたり、

趣味や特技などの話を聞いたりと、

さまざまな場面で口実はいくらでも作ることができます。

口実が見つかったら、それを理由に自然に食事に誘うことができます。

 

こういう誘い方をすれば、女性が友達を連れてくることはありますけど、

それを含めて大体の場合OKしてもらえると思いますよ。

 

しかし、女性に嫌われていないのに断られることもあり得ます。

「男性と2人きりで食事をしない。」

と決めている女性はいるようです。

また、他の人に男の人と食事を見られたくないと思っている女性もいます。

ですから、必ずOKしてくれるわけではありません。

あくまで可能性があるということです。

 

ほとんど話したことない女性のデートの誘い方は、

「あなたともっと話をしたい。」

と思わせるのが理想です。

 

しかし、口で言うのは簡単ですがこれはちょっと難しいです。

合コンなどを除いて、どんな場面で誘うにしても立ち話程度しかできないと思います。

それで女性にもっと話がしたいと思わせるのは、ちょっと難しいです。

なので、相手の情報をなるべく多く引き出しておいて、

デートの口実を見つけて誘うといいでしょう。

 

まとめ

ほとんど話したことに女性のデートの誘い方は、

まず距離を縮めることです。

お互いの生活のリズムを崩さない中で自然に距離を縮めていきましょう。

焦らないことが一番の近道です。

 

そしてある程度世間話ができるようになってから、口実を見つけてデートに誘いましょう。

世間話の中で相手の情報を引き出すことで、使える口実が増えていきます。

もちろん距離が近ければ近いほど、好感度も高くなり成功確率は高くなります。

ほとんど話さないからたまに話す関係へ、

この小さな一歩が大切なのです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク



このページの先頭へ